お辞儀する新郎新婦

最近は結婚式の簡略化が進み婚姻届を提出するだけ、という方が増つつあります。 結婚式は挙げなくてもいいけど、結婚写真は撮りたいと言う方も増えています。 フォトウェディングは夫婦二人で写真をとって終わり、と言うものから両親を交えて食事会をするミニ結婚式、ごくごく親しい人を少人数だけお呼びして小ぢんまりと行うものまで、あまりお金をかけず記念として結婚写真を残したい人や披露宴をしたくない恥ずかしがりやさんにぴったりの結婚式です。 婚姻届を提出するだけでももちろん婚姻関係に何の支障もありません。が、小さくても結婚式をすると、夫婦になったという自覚が生まれるかもしれません。 けじめという観点からも、結婚式のような儀式をおろそかにしないほうがいいのではないでしょうか。

せっかくの結婚式なのですから、結婚写真を残すのに出来ればプロの力をお借りしたいもの。 ですが、一日プロを雇うとお金がかかります。かと言って素人の親族に任せても満足のいく写真が撮れるか不安ですね。 きれいに結婚写真を残したいならプロにお願いするべきですが、親族に任せる場合はどんな写真を撮ってほしいのかを前もって具体的に伝えておきましょう。一人ではなく複数、最低でも新郎新婦が一名ずつカメラ係りをお願いしましょう。 それでも素人ですから過剰な期待は厳禁です。招待客が多い結婚式では全員をシャッターに収めるだけで式が終わってしまいますから。 そうやって気を配っても気に入る写真がなかったときは後撮りの利用も検討してみてください。 ベストはプロを雇いカメラ係を複数人にお願いすることです。最近はみんなよいデジカメを持っていたりするのでご自慢のカメラの活躍を喜んでくれるかもしれません。 ただ、データの回収とお礼をお忘れなく。