喜ぶ女

かつての日本においての結婚の誓いは、自宅で親類の前で行われることが普通でしたが、親類縁者が遠方に住んでいることが多くなったことや、ホテルなどの大型施設が増えたことによって、専用の結婚式場で行われることが多くなりました。 ホテルの結婚式場は、近場や施設内にチャペルを兼ね備えている場所も多いため、チャペルウェディングと披露宴を同日に行いたい人に非常に人気が高く、盛大な式では、何百万も費用が掛かることもありました。 近年では、親類や友人をあまり招かず、少人数の式を望む人が増えたことから、専用の結婚式場ではなく、教会や神社などを結婚式場として選ぶ人も多いです。 結婚する当人同士のみで式を挙げる場合には、新婚旅行を兼ねて海外の教会を結婚式場として選択する場合もあります。

結婚式場や結婚式のトレンドというのは、時代によって変化しつつあります。 現在では結婚式場はチャペル形式の式場が好まれており、最近では披露宴と一体型の結婚式場が人気となっています。 さらに、最近の若いカップルのほとんどが仲人を立てずに挙式を行っています。その理由として仲人の必要を感じなくなったというのが大きな理由となっているためです。結婚式場選びは式をあげる上で重要な要素であり、国内のカップルには教会での挙式スタイルが人気です。他方、海外から日本で挙式を上げる外国人のカップルの間では神前式の挙式スタイルが人気という国内と海外ではトレンドに違いがみられています。挙式スタイルにも大きな違いがみられるようになりました。